おうちで旅気分!産地別商品のご紹介

他の宝石とは違い、一言で「琥珀」といっても、産地や特徴で大きな違いがあります。
今日は産地別でご紹介いたします!

■久慈産琥珀


https://www.kujikohaku.net/product/2908
およそ8,700万年前という、恐竜が生きていた時代の地層から産出されます。
縞目模様が美しく、落ち着いた色合いが特徴です。
金琥珀と呼ばれる透明に近い黄色から、黒に近い茶褐色まで様々な色合いがあります。

 →その他の久慈産琥珀一覧

■ブルーアンバー


https://www.kujikohaku.net/product/3410
約2,400万年~3,800万年前
ドミニカ共和国産のものが、世界的にも有名です。
紫外線で青い偏光色に変化する様子が、とても神秘的です。
ブラックライトのほか、真夏の日光や暗色のお洋服でも、雰囲気の変化をお楽しみいただけます。

 →その他のブルーアンバー一覧

■虫入り琥珀


https://www.kujikohaku.net/product/3370
ドミニカ共和国産や、ロシア、バルト海沿岸地方産のものを取扱いしています。
太古の自然がそのままの姿で閉じ込められた、同じものが二つとない貴重な琥珀です。

 →その他の虫入り琥珀一覧

■海外産琥珀


https://www.kujikohaku.net/product/3327
3,500万年~5,500万年前
世界三大琥珀産地のうち、バルト海沿岸地方は古くから琥珀を通じた交易の歴史があります。
250色ともいわれる豊富なカラーが魅力で、現在でも世界に流通する琥珀の多くを占めています。
久慈琥珀では、リトアニアの都市と姉妹都市を締結し、琥珀の縁でつながっています。

距離だけでなく、時間を通じた旅気分を味わえるような、長い時を経て生み出された琥珀。
是非じっくりとご覧くださいませ!